Webマーケティング

コンテンツ販売のために抑えておくべき【ネット集客の全体像】

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

これから独自コンテンツを作り販売していこうと思っているaoyuiと申します。

このブログは、独自コンテンツの販売を目指すひとへ、コンテンツの作り方や販売の方法など、役立つ情報を提供していくブログとなっています。

コンテンツ販売をするために、僕が日々学んだことをみなさんに提供するために当ブログを立ち上げました。

初心者には難しいとされる「コンテンツ販売」を少しでも分かりやすくお伝えできればと思います。

 

今回の記事では次のような悩みを解決していきます。

 

  • コンテンツ販売をやりたいけど、その方法が分からない
  • ネット集客と聞いてもいまいちピンとこない

 

ネット販売は、実際に目の前にお客様がいるわけじゃないので、ビジネスという認識が欠けてしまっている人が多いです。

でも、販売者と購入者という立ち位置がある以上、それはれっきとしたビジネスです。

そこでまずは、ビジネスの基本である集客の仕組みについて、その全体像を理解するところからスタートしましょう。

 

コンテンツビジネスを始めるためのファーストステップです。
aoyui

 

ネット集客の流れを理解しよう

 

コンテンツ販売に限ったことではないですが、モノを売るためにはそれを買う人がいないとダメですよね。

そのためにはまずお客さんを集めること、集客しないと始まりません。

いくら良い商品を作ったとしても、誰もいないような砂漠のど真ん中で販売していたって、売れるわけないですよね。

だからまずは、お客さんを集めないといけません。

 

ネット集客の全体像

  1. 見込み客を集める
  2. 見込み客を顧客に変える
  3. 顧客にリピーターになってもらう

 

それでは、1つずつ内容を解説していきます。

 

1.見込み客をあつめる

 

「見込み客」とは「将来顧客になってくれる可能性のある人」のことを指します。

 

そして「見込み客を集める」とは、顧客になる可能性のある人の名前や住所、メールアドレスやLINEの情報などを教えてもらい、その人たちの「リストを作る」ということです。

ブログをやってる人なら、ブログの中にメルマガ登録フォームを設置したり、公式LINEのバナーを設置したりしてリストを集めることができます。

 

こちらの記事で公式LINEバナーの設置方法を解説してるのでぜひチェックしてみてください。

【見込み客を増やそう】ブログに公式LINEバナーを貼りつける方法

続きを見る

 

見込み客を集めるためには、集める場所が必要ですよね。

SNSで自分のアカウントを作り、そこに集客していくのもひとつですし、ブログやサイトを立ち上げて集客するのも一つの手段です。

まずは集客できるツールを使って情報発信していきましょう。

そしてそこに集まってくれた人をメルマガや公式LINEに誘導して「リストを作る」というのが、

コンテンツビジネスの流れになります。

 

これから情報発信を始めてみたい!という人はこちらの記事もチェックしてみてください。

おすすめの集客できる情報発信ツールを紹介しています。

 

コンテンツ販売を始めるなら、まず自分に合ったWeb集客法を探そう

続きを見る

 

見込み客の連絡先を知ることができれば、その人たちに向けてこちらからコンタクトを取れますよね。

「リストを作る」という方法は、日常生活のなかでも普通に目にする集客方法のひとつです。

 

たとえば、レストランなどのレジ前に置いてあるようなpopもその一例ですね。

 

 

「LINEでお友達登録して、お得なクーポンを手に入れよう」

みたいなpopを見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

これも見込み客を増やす方法のひとつで、店舗などでよく見かける集客方法です。

このように、リストを集めて、店舗情報やクーポンを配信し、見込み客を集めているわけですね。

 

じゃあコンテンツ販売の場合は、商品を買いたい人を集めればいいってことね?

 

商品を売るために見込み客を集めるという考えに間違いはないけど、

それだと押し売り感が前面にですぎちゃって、逆に見込み客を失う危険性もあるから気を付けてね。

aoyui

 

店舗からのメールが「今日もお待ちしています!」みたいなメールばかりだと、しつこいセールスみたいで嫌な気持ちになりますよね。

おなじように、コンテンツ販売の場合も商品の購入を催促するようなメールばかりだと、相手から見たら不信感しかありません。

 

お客さんは自分のタイミングで食事に行きたいし、商品に関しても悩みや問題を解決したいから購入するわけです。

こちらの都合を押し付けるためにリストを集めるわけじゃないということを忘れないようにしましょう。

 

見込み客(リスト)を集めるということは、「商品を買いたい人」を集めるのではなくて、「問題や悩みを抱えている人」を集めるということです。

 

2.見込み客を顧客に変える

 

なんらかの問題や悩みを抱える人(見込み客)を集めることができたら、次にすることはその人たちに【顧客】になってもらう必要があります。

見込み客と顧客の違いは、「お金を払って商品を買ってくれたかどうか」です。

いくらお店にお客さんがたくさん来てくれたとしても、けっきょく商品が売れなかったら売上げはゼロですよね。

 

例えば、あなたが洗濯機を購入する場合を考えてみてください。

購入するまえに考えられる悩みを挙げるとすれば

  • 予算○○円で買えるかな?
  • 自分の家族構成だと、どんなサイズの洗濯機がいいかな?
  • 保証はしっかりしているかな?

ざっとこんな悩みが考えられますね。

1人で悩んでいても答えが出ないとすれば、とりあえず電気屋へ行って店員さんに相談すると思います。

相手は家電製品のプロですから、きっといろいろ相談しているうちにあなたの悩みも解決してくれるはずです。

 

些細な悩みも聞いてくれる店員さんだと、安心できるし信頼しちゃうよね。

 

でも、もしその店員さんがこちらの相談をほとんど聞かずに、自分の売りたい商品だけを勧めてくるような店員さんだったり、

不愛想な店員さんだったらどうでしょう。

そういう店員さんでは信頼性に欠けますよね。

 

僕だったらきっと、違う電気屋に行って購入すると思います。
aoyui

 

顧客になってもらうためには、良い商品を売ることももちろん大切です。

でもそれ以上に、お客さんとの信頼関係を築くことのほうがさらに重要だということを念頭に置いておきましょう。

 

  • お客さんに信頼してもらうこと
  • 良い人間関係を築くこと

 

そのためにも、「お客さんの抱える悩みをいっしょに解決していくんだ!」という姿勢を忘れないようにしないといけません。

 

3.顧客にリピーターになってもらう

 

僕の友人の実例を挙げて説明させてもらいます。

 

美容師として独立した友人の話です。

お店を立ち上げたばかりの頃は、新規のお客さんはほとんど来店してくれなかったらしいです。

新規のお客さんを集めるためにいろんな広告を出したり、宣伝もしたそうですが、なかなか効果は出ませんでした。

そんな厳しい状況の中で、売上に貢献してくれたのがリピーターだったそうです。

友人曰く、リピーターのお客さんがいなかったらとっくに店は潰れていたそうです。

それほどまでにリピーターの存在というのは大きいということですね。

 

この実例から何を伝えたいかというと、

 

  • 新規の顧客を増やすのはお金も時間もかかる
  • 既存のお客さん(一度購入してくれた顧客)を大切にしておけば、安定した収益につながる

 

商品を購入してくれたら、「はい、そこで関係性は終了」ではなくて、

そこからが顧客との長い関係性の始まりだということです。

美容師に限らず、どんなビジネスにおいても新規客を獲得するのはとても労力と時間がかかります。

だからこそリピーターを獲得しておくことはとても重要です。

 

じゃあ、どうやってリピーターを増やしていけばいいのかについてですが、

具体的な方法として挙げるとすると、

 

リピーターを増やす方法

  • メルマガや公式LINEでアプローチする
  • 購入者限定の特典を付ける
  • 適度な期間で連絡する

 

顧客に対して、商品についての感想をアンケートしてみたり、他にどんな商品を求めているかリサーチしてみることで、

新たな商品づくりのヒントになります。

購入者やアンケートに協力してくれた人にはちょっとした特典を付けるのも効果的です。

以前の商品では解決できなかった悩みや問題点を改善して、新たな商品として顧客に販売することが可能になります。

購入者には割引価格で提供することで、特別感を演出することもできますね。

 

 

まとめ

これからコンテンツビジネスを始めていくにあたり、まずはネット集客の流れについてお伝えしました。

 

ネット集客の全体像

  1. 見込み客を集める
  2. 見込み客を顧客に変える
  3. 顧客にリピーターになってもらう

 

まずは、ネット集客の流れとしては、

  1. 情報発信して集客
  2. 見込み客をメルマガや公式LINEに誘導する
  3. 見込み客に商品を購入してもらい、リピーターになってもらう

こういった一連の流れでコンテンツビジネスを進めていきましょう。

 

このブログ以外にも、コンテンツビジネスについての情報はこちらの公式LINEからもお伝えしているので、

気になる方はぜひ登録してみてください。

 

 

友だち追加

-Webマーケティング

© 2021 Happy My Life