転職成功術

出戻り社員の実態!出戻りするなら覚悟を決めろ!


どうも、aoyuiです。

じつは転職経験者の半数近くが、

転職したけど、やっぱり以前の仕事に戻りたいと感じるというから驚きです。

はじめて外の世界をみて、それまで自分がいた環境の良さを知ったという人が実はとても多いんですよね。

 

  • 慣れた環境
  • 気の知れた仲間たち

 

思い出すと恋しくなるものですよね。これは転職を経験した人にしか分からない感情だと思います。

結局はその未練を断ち切れなくて、以前の会社に戻るという選択をした人もいれば、

また別の新たな転職先を探すといった選択をする人もいます。

 

この記事では、

せっかく転職したのに、以前の会社に戻る

いわば『出戻り』についてお伝えしたいと思います。

がんばって転職したにもかかわらず、以前の会社に戻るというのは果たしていい選択だといえるのでしょうか。

そもそも以前の会社がそれを認めてくれるものなんでしょうか。

 

そんな『出戻り』の実態についてお伝えしたいと思います。

 

『出戻り』社員の再雇用はあり?なし?

あなたが以前の会社に戻りたいと思っても、そもそも再雇用されるかどうかは勤めていた会社がそれを認めてるかどうかですよね。

私が以前勤めていた会社では『出戻り』が認められていました。

それほど大きな会社ではなかったですし、「来るもの拒まず」といった感じのラフな会社だったので、私が辞めるときも

「いつでも戻って来ていいからな」と社長がいうぐらいだったので。

でも結局今のところ戻ることは考えてないですけどね。

 

このように企業によって再雇用歓迎というところもあれば、

自己都合で辞めたのに何で今更という企業だってもちろんあります。

 

そりゃそうですよね。

嫌になって辞めたはずなのに、やっぱり戻りたいなんて会社からしたら虫が良すぎる話です。

会社側から、戻って来てほしいと言われたなら話は別ですけど。

でも調査結果ではなんと半数以上の企業が再雇用したことがあると回答してるんですね。

意外と企業の皆さん心が広いようです。

 

一度退職した社員を再雇用したことがありますか。

引用元:エン・ジャパン

 

企業が『出戻り』を受け入れる理由は?

ぼく個人の意見としては出戻りは賛成できないところがあります。

だってまた同じ理由で辞めないとも言い切れないし、身勝手すぎて信用できないですから。

でも再雇用を受け入れる企業が多いのは上記の図を見れば一目瞭然です。

では、再雇用を受け入れる企業の意見にはどのようなものがあるのか。

 

再雇用した理由を教えてください。

引用元:エン・ジャパン

中途採用を多く募集してる企業にとっては、即戦力となる人材を確保したいわけですよね。

そうなると自社で働いていた社員を再雇用する方が、

新たな社員を雇用するよりコスト削減になるし、教育する手間も省けるわけですから、

企業にとっても、『出戻り』する社員にとっても双方にメリットがあるのかもしれません。

それに今はどの企業も人手不足が大きな問題になっていますからね。

 

人口減少がさらに進めば、それだけ働き手を確保するのも難しくなってくるわけですし、

企業も四の五の言ってられる状態じゃないのかもしれませんね。

周りの社員からは受け入れられない可能性も

社長や上司からは受け入れられて、めでたく『出戻り』できたとしましょう。

でも以前の会社にはあなたが退職した後も頑張って働いてきた社員がいることもお忘れなく。

 

あなたの抜けた穴を必死で埋めてきた周りの人たちからしてみたら、いい気分ではないかもしれません。

もしかすると以前のような感じでは働けない可能性だって考えられます。

 

年数が経過してるなら、社員のメンツも変わってるでしょうし、以前は後輩だった社員が役職に就いてるかもしれませんよね。

環境もガラリと変わってることだってありえます。

あなたを見る社員の目は以前より厳しくなる!ということは肝に銘じておく必要があるでしょう。

次は絶対に辞めない覚悟で!

再雇用してもらえたなら、今度は絶対に辞めない覚悟を決めなくてはいけません。

もしまた辞めるようなことがあったら、「あなた」という人格が疑われてしまいますよ。

生半可な気持ちなら『出戻り』は絶対にしないほうが賢明です。

以前に辞めた時の理由が人間関係の悪さや給料などの待遇面だとしたら、『出戻り』は避けた方がいいです。

きっとまた嫌になって辞める確率が高いです。

 

出戻りを本気で検討するなら、辞めた時の理由を今一度振り返ってみましょう。

次は何が起きてもブレない覚悟がないと、出戻りしても失敗しますよ。

そこはよ~く考える必要があります。

まとめ

いかがでしょう。

アンケート調査では元社員の『出戻り』をかなり積極的に行ってるのが分かってもらえたんじゃないでしょうか。

だからといって、出戻りを軽く考えることだけは止めた方がいいでしょう。

 

ポイント

  • 他の社員からは受け入れられない可能性がある
  • 待遇面が以前より悪くなることもあり得る
  • 次は絶対に辞めない強い意志が必要

 

これらのことを踏まえたうえで、

それでもあなたが前の会社に戻りたいという覚悟を伝えれば、会社も認めてくれるかもしれません。

くれぐれも出戻りをする際には相当な覚悟をもって挑むことをおすすめします。

今回は以上です。

 






マイナビエージェント
年収UP交渉もお任せ!人材業界35年以上の歴史を持つマイナビの人材紹介サービスだから実績が違います!

-転職成功術
-

© 2021 Happy My Life