マイホーム計画

【夢のマイホーム】理想の家を建てるなら、間口の広い土地が絶対おすすめ!


家を建てるならまずは土地から探すという人も多いはず。

ですから、すでに土地を持ってる人や建売住宅を検討中の人にはあまり参考になる記事じゃないかもしれませんので、

あらかじめご了承ください。

というわけで、本題に入りましょう。

まず、あなたが土地を決めるうえで重要視するポイントは何でしょうか?

きっといっぱいあるんじゃないですか?

[box class="blue_box" title="土地選びの重要ポイント"]

  • 生活環境の利便性
  • 子育てしやすい環境
  • 比較的安価な土地
  • 職場への交通アクセス
  • 実家との距離
  • 駐車スペースが確保できるかどうか
  • 日当たりがいい土地

[/box]

などなど、いろいろでてきますよね。

実際、僕も3年前に土地から探し始めて注文住宅を建てたんですが、上記に挙げたようなポイントを抑えながら土地探しをしました。

ネットで検索してみたり、実際に現地に行って検証してみたり・・・

それなりに大変でしたが、これから先ずっと住む場所なんで妥協するわけにもいかないですもんね。

苦労のかいあってか、それなりに満足のいく土地に出会えたんじゃないかなぁと思います。

でも唯一後悔した点があるとすれば、それは間口の広さなんですよね。

もうちょっと広い土地にすればよかった・・・

 

では、この間口っていったい何のことなのか。

初めて家を建てる人にとっては、聞いたことあるけどよく分からないって人もいるかもしれません。

なので、宅地建物取引士の資格を有する僕が解説していきたいと思います。

そもそも間口って、いったい何?

建物を建築するには、その土地が主たる道路に2m以上接していなければいけないという建築基準があります。

その道路に接している土地の幅のことを俗に間口と呼びます。

その間口が狭いと、どうしても奥に長い土地になってしまうんですよね。

田舎住まいならこの間口もかなり広く取ることができるかもしれませんが、密集した街中に住んでるとなかなか間口の広い土地というのは探すのも難しいかもしれません。

そもそも土地の値段も格段に上がったりしますからね。

そんな間口の広さを検討するうえで基準とすべきなのは、もちろん家の間取りのことを考えてというのが最も重要ですが、

将来その土地に何台分のクルマを駐車する予定があるかということもよく考慮する必要があります。

 

車を何台停めるかによって間口は変わる

僕の住む地域は地下鉄が通ってるわけでもなく、電車通勤というものとも全くの無縁の地域です。

車がないとどこに行くのも不便な田舎住まいです。

ですので車は一家に一台ではなく、一人に一台というのが当たり前。

車がなければ移動もままならないような地域ですから、土地を決める際には駐車スペースを確保することは物凄く大事なんです。

しかも一人に一台ですから結構なスペースが必要になりますよね。

だいたい車一台をストレスなく駐車しようと思うと、幅2.5m・奥行5mほどあれば十分だと思います。

それを横並びに4台停めようと思うと2.5m×4台で10m。

カーポートの設置も考えれば、更に余裕が欲しいということで間口12mはあると4台分の駐車スペースもラクラク確保できるのではないでしょうか。

外構にもこだわりたいとなると、また話がかわってきてしまいますが、間口は広いに越したことはないってことです。

そこんところを土地選びの時にミスチョイスしてしまい、我が家は11mの間口の土地にしちゃいましたが。

まぁ、頑張れば軽4台ぐらいなら停めれそうですが、カーポートがあるから無理かも。

ということで、駐車スペースのことも考えたうえで間口の広さは検討するのがおすすめです。

 

間取りの自由度が増える

間口が狭いとどうしても奥に長い長方形の間取りになりがちですよね。

購入した土地に合わせて間取りを考えると、

生活動線が希望通りにいかなかったり、お隣さんとの距離が近いために窓を大きく取れなかったり、

何かと制限が出てきます。

理想は自分たちの希望の間取りをある程度考えておいて、その間取りに合いそうな土地を探してみること。

我が家は東側に間口があり、購入した時にはすでに南側に家が建っていました。

なので、少しでも日光を入れるためにも

北側に寄せて家を建て、南側の家との距離をなるべくとれるように南に2.5mほどの庭を設置しました。

それでもリビングに日が差すのは午前中ぐらいですけど・・・

間口が広ければ広いほど、希望の間取りで家を寄せることも可能ですし、

駐車スペースを確保しながらも、ちょっとした庭を造ることだってできちゃいます。

 

【まとめ】将来のことも踏まえて間口の広さは検討しよう

冒頭でも言いましたが、購入した土地でこれから先何十年も暮らし続けるわけです。

ちょっとこの土地飽きてきた・・・メルカリで売っちゃおう!

なんて気軽にできるもんでもありませんよね。

だからこそ慎重に、でも楽しみながら土地探しができたいいですよね。

実際に現地に見に行ったりすると、ここに住んだ時のシミュレーションというか暮らしぶりが想像しやすくもなります。

間口の広さというのも数字だけではピンときませんから。現地に行って広さを検証してみるのが一番です。

できれば朝と夕方2回見に行くと、土地の日当たり具合も確認できてよりベスト!

あなたにとって最高の土地に巡り合えるといいですね。

ではまた。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-マイホーム計画
-

© 2021 Happy My Life