マイホーム計画

アイランドキッチンにするなら間取りはどうする?我が家の間取りをご紹介。

アイランドキッチンにしようと思うと『間取り』が悩みの種になるものです。

特にアイランドキッチンは他のキッチンに比べてサイズも大きいので、

間取りでミスってしまうと

「生活がしづらい!」「思ってたのと違うじゃん…」ってことにもなりかねません。

 

ではアイランドキッチンの良さを最大限引き出すための間取りの広さって、どれぐらいあると理想的なのか。

今回は間取りについてご紹介したいと思います。

 

ダイニングテーブルの位置で間取りは考えよう

出典:セキスイハイム

[box class="blue_box"]

  • キッチンの横につなげてテーブルを設置するのか
  • キッチンに対面した形で設置するのか

[/box]

 

それによってLDKの間取りはかなり変わってきます。

アイランドである以上、キッチン周りを回遊できなければ意味ありませんよね。

壁からキッチンまでの幅が、人がスムーズに通れる80cmぐらい確保できるのが理想です。

我が家のキッチンは幅260cmあるので、

壁から壁の距離は260cm+80cm+80cmで420cmあればアイランドキッチンは設置可能というわけ。

でもこれは、ダイニングテーブルを対面に設置する間取りの場合です。

上の右写真のような感じですね。

 

もし、ダイニングテーブルを横付けするなら、壁と壁の距離はさらに必要になってきます。

我が家はキッチン横にダイニングを設置した

 

我が家はキッチンのすぐ横にダイニングテーブルが設置できるように間取りを工夫しました。

今はまだ子供も小さいので、テーブルの長さも120cmで小さめですが、

将来的にはもっとサイズの大きいテーブルも置けるように

壁からキッチンまでは200cm以上は確保してあります。

 

 

LDKは18畳以上は確保したい

家族が集まるリビングは絶対広い方がいいですよね。

最低でもリビングだけで8畳は欲しいところ。

18畳のLDKにしようと思うと、残り10畳のスペースにキッチン・テーブル・キッチンボード・冷蔵庫などを置くことになります。

キッチンは物も多いし、人が歩くスペースも確保しなければいけないので18畳でも意外と窮屈に感じるかもしれません。

だからといって小さめのアイランドにするのもちょっと・・・

間取りを広く取れないなら、いっそアイランドを諦めるというのも1つの選択肢に入れておくべきかもしれません。

アイランドは広いスペースを確保できてこそ活きるキッチンですから、無理に狭いスペースに押し込むのはおススメできません。

さいごに

[box class="blue_box"]

  • 回遊スペースは80cm以上は確保する
  • ダイニングの位置で間取りは考える
  • LDKは18畳以上はほしい

[/box]

我が家もアイランドを採用すると決めたときには、ハウスメーカーの人と『間取り』についてたくさん相談しました。

結果的にLDKも21畳ほどの広さを確保できたし、家事動線もスムーズでアイランドにしたのは正解だったと思います。

アイランドキッチンにしようとお考えなら、間取りにもトコトンこだわっておくのがオススメです。

以上、『間取り』についてでした。

ではまた。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-マイホーム計画

© 2021 Happy My Life