マイホーム計画

リビングの収納量を確保するために我が家が取り入れた解決策を大公開

収納はたくさんあって困るようなことはありませんよね。

特にリビングは暮らしていくうちにどんどん物が増えていきますから収納スペースは絶対必要。

 

でも…居住スペースが狭くなるから収納棚はなるべく置きたくない…。

 

そうなると間取りの段階で収納スペースを確保しておかなきゃいけませんよね。

 

そこで我が家がとった解決策はキッチンを有効活用することでした。

今回はそんな『リビングの収納』についてです。

我が家の収納スペース

こちらが我が家の収納スペースになります。

うちはモノが多いんで(捨てるのが下手なだけ)収納はたくさんほしかったんですよね~。

これでもけっこういっぱいいっぱいなんですけど。

見せる収納より隠す収納

あえて【モノを見せる収納】のような高度な技術は持ち合わせてないので、我が家では極力モノは見えないように隠して収納。

だからLDKの収納は多い方なんじゃないかなぁって勝手に思ってるんですけど…

他の家を知らないから何とも言えないですけどね。

キッチンの正面は全面収納棚

収納棚はなるべく置きたくない!というのがマイホームを計画してる時の夫婦の共通の意見だったので、キッチンを収納スペースとして活用したのはナイスアイデアだったんじゃないかなぁと思います。

 

でもせっかくのアイランドだから、ほんとは全面収納じゃなくてカウンターキッチンにしても良かったかなぁと思う時もありましたが、

収納の方が実用性があるんで今はこれでじゅうぶん満足してます。

 

子供に触れさせたくないものは手の届かない場所に

ボールペンやハサミなど子供の手に触れさせたくないものはアイランドの上部の引き戸にいれるようにしてます。

ここなら子供の手も届かないから安心です。

また、薬専用の棚も一つ確保しておけば、「あのクスリどこにあったっけ?」ってこともなくなります。

偏頭痛持ちの僕にはバファリンは必須アイテムなので。

子供服がすぐ取り出せる

子供服と子供の下着類もこの棚に収納してます。この位置に収納しておくと着替えさせるときもとっても楽ちん。

 

上の子は自分で着たい服をチョイスして一人でお着替えできるようになったし、意外と収納力もあるんです。

それにお風呂に入るときもちょうど動線上にあるので、下着をサッと取り出してそのまま脱衣室に行けちゃうのもいいんですよね~。

キッチンの棚は使い勝手がいいんです

LDKのほぼ中央に位置してるので、我が家では一番よく使う収納棚になってます。

だからこそ、よく使うモノはこの中に片付けるようにしてますし、どこに片付けたか探す手間も省けるので、

「あれ?爪切りどこ行った?」なんてこともなくなります。

 

キッチンの正面をただの壁にしておくぐらいなら、我が家みたいに収納棚にしちゃえば

わざわざ収納棚を買い足しする必要もなくなりますし、きっとリビングを広く使えるはずですよ。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

-マイホーム計画
-

© 2021 Happy My Life