マイホーム計画

我が家の家づくりの後悔・・・外観をもっとオシャレにすればよかったぁ。

家を建てて3年。

家の外観って大事だなぁって感じることが多々あります。

建ったばかりの頃は、「周りの家に比べて一番いけてる!」なんて思ってましたが、

次々周りに家が建ち始めてくると、どの家もホントおしゃれで我が家がかすんで見えてくる始末…

住み始めると嫌なところが色々と見えてくるものです。

「建て直せるなら建て直したい」なんて思っても、もう遅いんですけどね。

 

外観にももっと時間をかけてじっくり考えるべきだったなぁ・・・って今になって後悔してます。

今回はそんな我が家の後悔した点をお伝えしたいと思います。

片流れの屋根が倉庫みたい

もしかすると将来的に太陽光を設置するかもしれないという思いもあって、うちは片流れの屋根を採用しました。

ご近所も片流れの家が多かったため、周りとの調和を考えるとその点は良かったのかもしれませんが。

 

でも年数がたつにつれて、何となく形がありきたりで味気ない感じがしてきちゃったんですよね。

うちの土地は間口が狭く奥に長いので、建物も必然的に奥行きの方が長い形になってしまいます。

ただでさえ片流れの家は背が高く見えるのに、家の間口が狭いからさらに縦長なのが強調されて

なんだか物凄くノッポさんみたいなおうちが完成。

しかも縦長の窓を多く取り入れてしまったから、さらに縦長に見える。

窓だけでも違う形にしてたらもっと見た目も変わってたかも・・・と思うと悔やんでも悔やみきれません。

外壁の色使いに失敗

我が家は3色のサイディングを使い分けて施工しました。

正面はグレーと木目調のサイディングを使い、全体的にはクリーム色のサイディングを張り付けました。

 

特に失敗したと感じたのは、木目調のサイディングがすごく安っぽいってことです。

どうせなら、スタバみたいなオシャレな木目調ならよかったのに…

うちが施工したHMでは取り扱ってなかったみたいです。ざんねん・・・

外壁の張替え時期が来たら、絶対にスタバみたいな外壁にする!というのが今のうちの目標です。

リビングの窓を大きくしすぎた

太陽の光をたくさん取り入れたいという思いがあって、リビングに引き違い戸を2か所つけました。

でも、隣の家が近いからそれほど光が入ってこない。

しかもお隣さんと視線が合うのが気になってしまい、結局レースカーテンは一日中閉めっぱなしなんですよね。

さらに窓が大きいと掃除をするのも大変。

そんなことなら、すりガラスにするか高窓を何か所かつけた方が良かったなぁって思います。

外観の画像はたくさんチェックすべし!

気になるハウスメーカーの施工事例をチェックするのもいいですし、

ネットでオシャレな外観の家を検索してイメージを膨らましてみるのも、家づくりを進めてくうえでは大事です。

ハウスメーカーの営業マンとデスクの上でしゃべってるだけではイメージが湧きませんから。

ある程度外観の要望が決まったら、3Dパース図で外観の絵をおこしてもらうとイメージがつかめるかもしれませんね。

さいごに

これから家づくりをスタートする人のなかには、何から始めればいいかわからないという人も多いはず。

展示場に行っても一日に見て回れる数なんて、頑張っても2,3件がやっとですからね。

それだけで疲れ果ててしまうのがオチです。

手っ取り早く多くのHMや工務店の情報を集めようと思うなら、資料請求するのが一番じゃないでしょうか。

ある程度の目星をつけてから展示場に行く方が効率的ですし、無駄な体力を使わなくても済みますもんね。

そこでぼくがオススメするのが、タウンライフ という情報サイトです。

 

無料の資料請求はこちら↓をクリック

 

 

きっとあなたにピッタリのハウスメーカーが見つかるはずです。

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-マイホーム計画
-

© 2021 Happy My Life