Kindle

WordだけでOK!Kindle原稿の作り方(初期設定~目次作成編)

 

自分の書籍を出版してみたい!

でも電子書籍を作るのってなんだか難しそう…

 

電子書籍を出版してみたいけど、なんだかややこしそうで自分には無理そうだと思っていませんか?

じつはWordさえ使えれば、原稿なんて簡単に作成することができるんです!

Kindleで電子書籍を出版する時には、指定されているファイル形式があるので、そこさえ間違えなければ問題なく出版までこぎつけることができます。

そこでこの記事では、Wordで原稿を作る際の初期設定から目次作成までを解説していきます。

 

この記事ではMicrosoft365のWordを使用しての解説となります。

その他のWordでは仕様が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

 

KDPで使えるファイル形式

ではまず、kindle出版時にサポートされているファイル形式について解説します。

サポートされている電子書籍のファイル形式 (amazon.co.jp) にも書かれていますが、

下記のとおりです。

 

サポートされているファイル形式

    • Microsoft Word (DOC/DOCX)
    • EPUB
    • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
    • MOBI
    • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
    • プレーン テキスト (TXT)
    • Adobe PDF (PDF)

なんだか見慣れないファイル形式もたくさんありますね。(汗)

でも大半の人は、HTML形式かDOCX形式のファイルで出版する人が多いのではないかと思います。

今回はWordで作成していくのでDOCX形式を使っていきます。

保存する際も「ファイル名:docx」で保存するようにしてください。

 

原稿を書く前の準備

最初にすることは、原稿を書く前の準備です。

電子書籍の原稿の書式設定ガイド (amazon.co.jp) にも書式設定の方法が記載されていますが詳しく解説していきます。

まず、新規でWord文書を開きましょう。

 

 

 

そして、メニューの「表示」をクリックし、「ナビゲーションウィンドウ」にチェックを入れます。

 

そうすると、下の画像のようなナビゲーションが開くと思いますが、この状態で文章を書いていくようにしましょう。

なぜなら、ナビゲーションを開いておくことで、あとから目次ページを作るときや本文を書いていくときにもスムーズに作業ができるからです。

ですからこのまま閉じずに書き進めていってください。

 

 

段落のインデント・行間隔の設定

まず、本文のレイアウトに一貫性を持たせるために、段落をインデントして行間隔の設定をしていきます。

「ホーム」メニューで「段落」部分の「↘」をクリックし、別のダイアログボックスを開きます。

 

 

ダイアログボックスが開いたら、

  1. 「インデント」の「最初の行」で「字下げ」を選択し、「幅」を「1 字」に設定します。
  2. 「間隔」で「段落前」を「0pt」、「段落後」を「0 行」に設定し、「行間」を「1 行」に設定します。
  3. 最後に「OK」をクリックして設定完了です。

 

 

見出しを設定して目次を作る方法

レイアウトの調整が終わったら、次に目次の作成に移りましょう。

目次を作るためには、まず「見出し」や「小見出し」といった、記事内容がひと目でわかる言葉を設定してあげなくてはいけませんね。

「ホーム」メニューのスタイルセクション部分に「標準」や「見出し1」などいろんなスタイルが並んでいると思いますが、

見出しにしたい文章を選んだ状態で「見出し1」をクリックすると、その文章を見出しに設定することができます。

 

 

小見出しを作る際も同様に「見出し2」をクリックし、小見出しに設定していきましょう。

見出しにした文章は、自動で「ナビゲーション」ウィンドウに表示されます。

 

 

「ナビゲーション」ウィンドウを開いておくと、見出しが一目で分かりますし、

見出しがリンクになっているので、本文を書く時もコンテンツの移動が容易になるのでとっても便利ですよ。

 

そして見出しが出来上がったら、次に「見出し」を目次ページに作成する必要があります。

こちらの記事で「目次ページの作成方法」を解説しています。

コンテンツ販売のために抑えておくべき【ネット集客の全体像】

続きを見る

 

見出しのフォントや色を変えてみよう

見出しや小見出しのフォントサイズや色もお好みに変更できます。

その方法は、まず下の画像の「↘」部分をクリックし、「スタイルの管理」を開きます。

 

そして、スタイルを変更したい「見出し」を選択し、「変更」をクリックします。

 

 

 

すると書式の変更の項目が出てくると思うので、ここでフォントの変更やサイズの変更などお好みで調整してください。

例えば、「見出し1」の書式を「游ゴシックLight」・サイズを「18」・色を「青」

「見出し2」の書式を「游ゴシックLight」・サイズを「14」・色を「黒」にすると

下の画像のような感じに仕上がります。

ぜひ試してみてください。

 

まとめ

この記事では、原稿を作る前の準備と目次の作成方法について解説しました。

 

  1. 保存するファイル形式は(DOCX)にする
  2. ナビゲーションウィンドウを開く
  3. 段落のインデント・行間隔の設定
  4. 見出しの設定と見出しのフォント変更

 

次の記事では画像の挿入の仕方や改ページのやり方など、本文を書いていく時の具体的な方法についてお伝えします。

今回は以上です。

-Kindle

© 2021 Happy My Life