マイホーム計画

リビングに和室は必要?我が家が和室を造って正解だった理由。

僕が家を建てるうえで絶対取り入れたかったスペースが『和室』です。

アパートに住んでた頃のくつろぎ空間と言ったら、ソファぐらいしかなかったので。

だから家を建てたら絶対に和室は欲しいと思ってました。

 

aoyui
aoyui
やっぱり日本人なら畳でしょ!

 

和室を造るとほんとにメリットだらけ。

今回はそんな和室の魅力をお伝えしたいと思います。

子供の遊び場に最適

我が家はやんちゃ盛りの二人の息子がいます。

そんな子供の遊ぶスペースになってるのが和室です。

4.5畳の狭いスペースですが、小さい子供が遊ぶにはちょうどいいサイズ。

トミカやプラレールで毎日のように遊んでます。

普段はおもちゃが散乱しててひどい有様ですが・・・

 

 

うちの和室はリビングと一繋ぎにしてるので、フローリングとの調和が合うように畳は琉球畳にしました。

普通の畳に比べてモダンな印象になるので、とっても気に入ってます。

また吊り押入れにしたことで、押入れ下に布団などを締まっておけるのでかなり便利なんですよ。

わざわざ押入れから引っ張り出す必要もありませんから。

 

 

お昼寝スペースになる

小さい子供がいる家庭なら、なおさら和室のありがたみが分かるはず。

それが子供をお昼寝させるとき。

お昼寝させるのにわざわざ2階の寝室まで行くのは結構面倒なんですよね。

リビングと一繋ぎに和室があれば、子供をサッと寝かせてあげることだってできちゃいますから。

もちろんそのために、布団は吊り押入れの下に常時置いてあるって感じです。

ちょっとしたくつろぎ空間

お風呂上りやお休みの日など、ちょっと一息つきたいときにも畳があるといいですよね。

特に夏場とか、ひんやりした畳の上にゴロンとなれるのは格別に気持ちがいいです。

それにい草の香りも気持ちを落ち着かせてくれるんですよねぇ。

ダラ男な自分にとって子供と和室でゴロゴロするのは至福の時間です。

リビングを通らず和室に行ける間取り

急な来客にも対応できるよう、リビングを通らずに直接和室に行けるような間取りにしました。

でも家を建てて3年経ちますが、和室に通すようなお客様はうちには来ないみたいです。(笑)

 

 

玄関ホール側からの引き戸は滅多に使うことがないのが、今のところの我が家の現状です。

 

 

和室への引き戸とトイレの扉がめちゃめちゃ近いので、使い勝手が悪いというのも理由の一つです。

タイミングが悪いとトイレの扉が顔にぶち当たる設計です。(笑)

将来を見据えてフルフラットに

和室を小上がりにするのもオシャレでいいと思ったのですが、

子供が部屋を駆け回るのに小上がりがあると危ないということでフルフラットに。

さらに自分たちが老夫婦になった時のことも考えて、
段差は極力減らしたいという思いもあり小上がりにはしませんでした。

掃除もしやすいですし。

リビングからそのまま掃除機をかけれるので、フルフラットが一番かも。

さいごに

新居に和室を造るかどうかで迷う方も多いみたいですが、

我が家ではメリットが多いのが現状です。

和室があって困るということはないんじゃないかなぁと思います。

子供が小さいうちも使えるし、将来的にはコタツなどを置いて居間としても活用できそうですし。

和室をどうしようか検討中なら、ぜひ採用してみてはいかがでしょうか。

ではまた。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-マイホーム計画

© 2021 Happy My Life