Webマーケティング

実績ゼロでも独自コンテンツを作ってみたい!【販売までの土台づくり】

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

これから独自コンテンツを作って販売していこうと思っているaoyuiと申します。

このブログは、独自コンテンツの販売を目指すひとへ、役立つ情報を提供していくブログとなっています。

 

悩んでる女性

これといった実績も経験もないから、自分の商品を作るなんて無理ですよね?

 

独自コンテンツを販売してみたいとは思ってるけど、

実績ゼロの人の商品なんて、誰も購入してくれないでしょ?

 

この記事が、そんな悩みや疑問を抱えた人の参考になってくれることを願っています。

何を隠そう、この記事を書いている僕自身もこれといった実績は未だない状態です。

 

それでも独自コンテンツを作って、世に広めたいという野望だけは持っています!

aoyui

 

僕のように、独自コンテンツを販売して稼いでみたいと考える人は多いはず・・・

 

  • 実績がないままどうやって独自コンテンツを作ればいいのか?
  • ていうか、このまま実績ゼロのままだとずっとコンテンツ販売ができないのか?

 

そんなことをずっと考えていました。

そこで僕なりの結論に至ったことを、この記事にまとめてみました。

僕のように、「まだ実績がないけど独自コンテンツを作りたい」という方はぜひ一読していただきたいと思います。

 

自慢できる実績がないとコンテンツ販売は無理なの?

そもそも実績って、どういうことをいうのかってことです。

「毎月7桁稼いでます!!」

「毎日自由に暮らして会社員時代の10倍以上稼いでます!」

といったすごい人たちしか独自コンテンツを作れないのかというと、そんなことは絶対にないはずです。

きっと実績がない状態から独自コンテンツを作って稼げるようになった人なんて、世の中にはたくさんいるはずですから。

なんなら、

  • 人よりちょっと一歩リードしていること
  • これならちょっと教えられるよ!

ってことがあれば、十分コンテンツ販売できる域にいるんじゃないかと思います。

 

例えば、ギターを弾けるようになりたい友達がいたとしましょう。

僕は学生の頃にギターをやっていたので、ある程度は教えることができます。

そこで友達に簡単なコードの弾き方から教えました。

 

これだけでも十分立派なコンテンツ販売になると思いませんか?

相手が知りたいこと、悩んでいることの解決策を提供することさえできれば、それは立派な独自コンテンツなんじゃないでしょうか。

実際に教えてお金をもらったわけじゃないですよ(笑)

 

  • プロほどじゃないけど教えることができる
  • 好きなこと、ちょっと得意なことがある

 

それだけでも十分コンテンツとして成り立つんじゃないのかというのが僕の見解です。

実際にココナラで、ギターを弾き方をコンテンツ販売している人もいるぐらいですからね。

 

結論

  • コンテンツ販売したいけど、実績を積まないといけないという固定観念は必要ない
  • 人より一歩リードしていることがあれば、コンテンツ販売は可能

 

 

独自コンテンツ作成の土台づくり:まずは何から始める?

実績ゼロでもコンテンツ販売はできそうですね。ちょっと自信が湧いてきました。

でも何から始めたらいいのか、さっぱり分かりません・・・

 

この気持ち・・・痛いほどわかります。

 

考えれば考えるほど、方向性が分からなくなって頭の中が真っ白になっちゃいますよね。
aoyui

 

全くの白紙の状態からコンテンツを作り出すとなると難易度はめちゃくちゃ高いです。

だからまずは、どういった内容のコンテンツにするか、そしてそれをどういった相手に販売していくのか

この軸をしっかり持っておかないと、コンテンツとしての完成度も方向性もブレていってしまいます。

 

①攻めるジャンルの選定

自分がどういったジャンルで攻めるか、ここは明確に決めておくべきとこですね。

ただどんなジャンルでもいいかというとそういうわけでもありません。

じゃあどんなジャンルがいいかというと、

結論から言ってしまえば、

人の悩みに直結したジャンルを攻めるということです。

 

人は誰しも少なからず悩みを持っていますよね。悩みが一つもない人はまずいないはずです。

だから、その悩みの解決策を提案してあげればいいんです。

 

 

ここでコンテンツ作成に最適なジャンルとして挙げるとすれば

  • 人間関係の悩み
  • 金銭的な悩み
  • 健康の悩み

この3つは鉄板ジャンルだといえます。

 

人間関係には職場や学校での友人関係、恋愛に関する悩みなどが挙げられますね。

金銭的な悩みには、「今の仕事の収入が少ない」「もっと収入を増やしたい」など、誰しも抱える悩みが考えられます。

また、健康の悩みに関しては、美容やダイエットだったり、将来に向けての健康的な体作りの悩みだったりします。

 

このような悩みの中で、自分が今まで経験してきて解決できたものがあるとすれば、それを攻めてみるのもいいですし、

ないのであれば、これから経験してそれをレポート形式でコンテンツにまとめてみるというのもいいかもしれません。

 

たとえば、『ダイエットを始めて、効果が出るまでの流れ』を毎日経過報告としてWebメディア上にアップしつづけます。

それを最後にPDFに落とし込んだりして、独自コンテンツとして販売するといった流れです。

 

結論

  • 攻めるべきジャンルは人の悩みに直結する物を選ぶ
  • 自分がすでに解決できているジャンルがあればそれを攻めてみる
  • まだ経験がなければ、これから経験してその経過をコンテンツにしてみる

 

 

僕が初めて作成した独自コンテンツの紹介

ここで一つ僕の事例を挙げたいと思います。

コンテンツ販売と言っていいのか分かりませんが、以前にKindleで電子書籍を販売したことがあります。

そのときに書いた内容が「Webライティング」に関してのものです。

なぜこのジャンルの書籍を書こうと思ったかというと、

2年以上ブログを続けてきて、唯一誰かに教えられる(完全初心者向け)ものがこれぐらいだったからです。

 

まずこの書籍を作成する前に、「Webライティング」や「文章力」といったジャンルの書籍を何冊か購入するところから始めました。

なぜ、販売する側の自分が購入するの?と思うかもしれませんが、

実際に売れている電子書籍の内容をまずリサーチする必要があると感じたからです。

 

まずは敵を知るところからはじめるわけですね。

aoyui

 

さらにいろんな書籍を読むことで、書きたいジャンルについての知識も身につくので、書きたい内容もまとまりやすくなります。

実際に購入してみることが、コンテンツ作成には一番効果的だと思います。

 

結論

  • 攻めるべきジャンルは、人の悩みに直結するものにする
  • 決めたジャンルに関する書籍なり、教材なりを購入してみる
  • ライバルの書籍や教材の内容を研究する

 

多少の出費にはなりますが、初期投資だと割り切りましょう。

 

②ジャンルに沿ったターゲットを決める

次にやることは、ジャンルに沿ったターゲットを決めることです。

販売する相手のことですね。

 

最適なターゲットの設定は

過去の自分に向けて情報発信する

ということです。

 

僕はこのブログで「Webマーケティング」と「コンテンツの自動化」について情報発信しています。

しかも想定読者は超初心者に向けてです。

 

  • Webマーケティングについてゼロから学びたい!
  • オリジナルのコンテンツを作って販売してみたい!

 

そういった人に向けて情報配信しています。

これは僕自身が学びたいことでもあり、いずれ独自コンテンツを販売したいと思っています。

つまりは自分自身に向けての情報発信でもあるんですよね。

 

自分が学んだことやインプットしたことを発信することで、より一層自分の知識にもなりますし、

同じような悩みを抱える人にもきっと伝わる情報が発信できるんじゃないかと思っています。

 

ただ僕自身がまだまだ勉強中の身なので、難しいことは発信できませんが・・・

aoyui

 

それでも、独自コンテンツについて全く知らない人やWebマーケティングについて学びたいという初心者にとっては、

少しでも有益だと感じてもらえる情報を発信していくつもりです。

 

 

まとめ

独自コンテンツを作成するためには土台づくりが大切です。

 

記事のまとめ

  • 実績がなくても人より一歩リードしていることがあればOK
  • ジャンルは「人の悩みに直結したジャンル」を選ぼう
  • 経験したジャンルがあれば、それを攻める
  • 未経験なら、これから経験して経過をまとめてコンテンツに仕上げる
  • ターゲットは「過去の自分に向けて」が一番最適
  • ターゲットに沿った情報発信を心掛ける

以上が今回のまとめです。

このブログでは、独自コンテンツを販売していくうえで大切なことを発信しています。

ぜひ他の記事も参考にしていただければ幸いです。

-Webマーケティング

© 2021 Happy My Life