ブログ運営

アフィリエイトブログで目指すべき記事の書き方と記事構成【大事なことはたった5つです】

悩んでる女性
ブログ始めてみたけど書きたいことがまとまらないし、

どう書けばいいかわからない…

記事をうまく書くコツみたいなのがあるなら知りたいな。

 

この記事ではそんなブログ初心者の方の悩みを解決したいと思います。

 

ボクのブログ運営歴は2年ほど。

ボクは、今回紹介する『記事の書き方に沿って毎回記事作成をしていますが、

この『記事の書き方』さえマスターすれば、初心者の人もスラスラ記事を書けるようになるはずです。

 

記事の内容

  • 誰に向けて書くのか明確にする
  • 基本の記事構成(テンプレート)
  • タイトルにキーワードをいれる
  • 導入文(リード文)で読者をひきつける
  • 見出しにもキーワードを含める

 

ぜひ最後まで読んで『記事の書き方』をマスターしてください。

 

記事を書く前に:誰に向けて書くのか・その悩みを明確にする

文章がスラスラ出てこない要因は、誰に向けて書いてるのか・その人の悩みが見えてないという要素が大きいです。

なので、記事を書き始める前に

 

ポイント

『誰に向けてこの記事を書くのか』

『何を伝えたいのか』

 

これを明確にしておくことが大切です。

 

この記事を例に挙げると

チェックリスト

  • 誰 → ブログを始めたばかりの初心者
  • 悩み → 記事の書き方がわからない・内容がまとまらない
  • この記事で伝えたいこと → 記事をうまく書くコツと記事構成

 

こんな感じで伝えたい人と伝える内容を明確にしています。

これが定まってないと、書いてるうちに文章が迷子になって結果的に何が言いたいのか分からない…といった記事になってしまいます。

 

特に気を付けたいのは大多数に向けて書くのではなく、

その悩みを抱えてる1人の人に向けて書くように意識することです。

 

ですから、文章内ではところどころに「あなた」という言葉を使うのも効果的です。

そうすることで読者に「この記事は自分に向けて書いてくれてる」という印象を与えることができますよ。

 

スラスラ書くための記事構成(テンプレート)

 

では記事を書く際の基本的な記事構成についてです。

この型に沿って記事を作成することで、まとまりのある記事をつくることができるはずです。

 

 

上記が基礎となる記事のテンプレートになります。

それでは1つずつ説明していきますね。

 

『記事タイトル』と『導入文』

まず、読者が一番目に行く場所がこの『記事タイトル』と『導入文』になります。

ここで読者の興味を惹きつけることができれば、きっと読者はあなたの記事を読み進めてくれるはずです。

ですから、ここが記事の中でもっとも重要な箇所だといえます。

 

そして、記事タイトルは『H1タグ』を使用し、『キーワード』もいれるようにしましょう。

キーワードについては次の見出しで説明していきます。

 

『見出し』と『本文』

続いて本文についてです。

記事本文は『見出し』と『記事の内容』で構成するのが主流というか、その方が読者も見やすいからです。

見出しは『H2タグ』という見出しタグを使うのが一般的です。

 

当たり前ですが、見出しの内容は『見出し』に沿った内容になるよう心がけましょう。
aoyui

 

たまに見出しと内容が全然違うといった記事も見かけますが、そうならないように注意してください。

 

ボクの場合ですが、1つの記事で見出しは3つ~5つぐらいまでに抑えてます。

あまりに多すぎると記事のボリュームが膨れ上がってしまいますし、

読者が最後まで読んでくれない可能性も出てきちゃいますよね。

あくまでも読者の知りたい内容さえ網羅されてればOKです。

 

記事のまとめ

最後は記事全体のまとめを伝えて読者に記事の内容を復習してもらうようにしましょう。

内容を箇条書きにしてまとめるのも一つですし、

まとめ部分に「関連記事」の内部リンクを貼って他の記事にも回遊してもらうといった手法も使えます。

 

また、収益記事へ誘導することで収益化につなげることもできます。

記事のまとめは読者に次の行動を起こしてもらうための大事な箇所でもあります。
aoyui

 

記事の締めくくりはキチンとまとめて終わるようにしましょう。

 

アフィリエイトブログではタイトルにキーワードをいれるのが必須

記事のタイトルには必ずキーワードを入れるのが鉄則です。

 

チェックリスト

  • 記事の内容がタイトルを見ただけで想像できる
  • 読者の『読みたい!』という気持ちを駆り立てる
  • 検索エンジンで検索されやすくなる

 

キーワードは2つあるいは3つは入れるようにしましょう。

 

この記事のキーワード

  • ブログ初心者
  • 記事の書き方

この2つのキーワードをタイトルに入れています。

 

あなたが何か検索する時も必ずキーワードとなる語を検索ボックスに入力してるはずですよね。

タイトルにキーワードを入れることで検索エンジンで検索されやすくなりますし、

この記事で伝えようとしてることが一目で読者に伝わりやすくなります。

 

導入文(リード文)で読者を惹きつける

 

記事の書き出しとなる導入文は最も重要な箇所だと冒頭でお伝えしましたが、

どう書けば読者の興味を惹きつけられるかがカギですよね。

 

  • 読者の疑問・知りたいことを明確にする
  • この記事はどんな内容か・この記事ではどんな情報を得られるか
  • 記事を読むことで得られるメリットを伝える

ボクはこの3つの項目を導入文に入れるようにしています。

 

またまたこの記事を例に挙げると・・・

 

 

導入文で読者が知りたいことや悩みを文章にすることで、同じ悩みを持ってる読者の共感を得ることができます。

そして、この記事を通して得られるメリットを明確に伝えることで読者に興味を持ってもらいやすくなります。

記事の内容を箇条書きでまとめておけば、読者の知りたい項目が一目で分かるので、

読み手に親切な記事になりますよね。

 

記事の内容が一目で分かるようにしておくと、直帰率を下げる効果も期待できます。
aoyui

 

見出しにもキーワードを含める

 

見出しに含めるキーワードは、記事タイトルと関連性のあるものを入れるようにしましょう。

記事タイトルほど重要視する必要はないですが、入れとくとSEO的にもいいとされています。

 

だからといってむやみやたらにキーワードををねじ込むのは避けましょう。

あくまでも『見出し』は、読者が記事を読みやすくするためのものだということはくれぐれも忘れないように。

 

まとめ

 

今回は、記事の書き方と記事構成(テンプレート)についてご紹介しました。

 

記事作成のポイント

  • 誰に向けて書くのか明確にする
  • 基本の記事構成(テンプレート)に沿って書く
  • タイトルにキーワードをいれる
  • 導入文(リード文)で読者をひきつける
  • 見出しにもキーワードを含める

 

記事を書くうえで大事なことは以上の5つです。

 

あくまでも最も重要視すべき点は、

読者目線に立った記事を書くということ

です。

読者の悩みを解決しつつ、なおかつメリットとなる記事作成を心掛けること。

 

記事を書くのって簡単そうに見えて、実はとても奥が深いんですよね。

初めはなかなかうまく書けないかもしれませんが、書き続けるうちに徐々に慣れてくるはずです。

ぜひ記事作成の参考にしてみてください。

-ブログ運営

© 2021 Happy My Life