転職成功術

【あなたの仕事の決め手は?】給料を取るか、それともやりがいを取るか、優先するならどっち?

 

仕事探しは自分探し!みたいなキャッチフレーズどっかで聞いたことあるかもしれませんが、これから仕事先を決めるにあたって、世間の人はいったい何を基準に決めているのでしょうか。

人生100年時代、定年も70歳まで引き上げられそうな今の世の中、生涯働き続けていかなければいけない私たちにとって、仕事選びは人生の重大な課題の1つですね。

そんな歳まで働きたくないのが本音ですが、年金もどうなるか分からない現在ですから、そうも言っていられません。

aoyui
aoyui
老後を満喫するなんてのは、俺らの時代にはなくなるだろうね。悲しすぎる…


人生の大半を仕事に費やすわけですから、仕事にやりがいを見いだすべきか、それとも将来のために給料重視で選ぶべきか、これは大事なポイントですよね。

では、世間の皆さんはいったい何を基準に仕事を決めているのでしょうか。

20代の仕事選びの傾向は?

仕事を決める基準というのは年代によっても変わってくるようです。

独身と既婚者ではやはり仕事の決め手にも違いが出てくるようですね。

新卒・第2新卒といった若い世代の人たちの仕事選びの傾向は次のようになっています。

引用:リクルートキャリア
Q. 就職先を確定する際に、決め手になった項目  https://www.recruitcareer.co.jp/


2019年の卒業生にアンケートした結果、約半数近くの人が仕事を決めたきっかけは、自らの成長が期待できるからだと回答しているようです。

昔のように、一社で生涯を勤め上げるといった傾向が薄れてきている現代社会においては、

自らを成長させて柔軟に社会を乗り切ろうという、最近の若者らしい発想がうかがえますね。

また給料に関しては全体の2割にも満たない人しか気にしていない傾向も見て取れます。

30・40代の仕事選びのポイントは?

30・40代ともなると、家族を持つ人も多くなりますので、仕事の決め手にも変化が見られます。

ただ、どの世代も自らの成長のためというのが仕事を決めるときの大きなポイントとなっているようです。

仕事を通してやりがいを見いだしたり、自らを成長させたいという意見が多いですね。

また、今までのスキルを活かせるためという意見も上位を占めています。

やりがいを重視するなら、こんな悩みがある

大概の人は一日の約3分の1は仕事をしていると思います。

その時間が自分にとって全く価値のない時間だとしたら…ほんと時間の無駄ですよね。

自分の貴重な時間を切り売りするのなら、せめてやりがいのある仕事をしたいもんです。

ただ、やりがいのある仕事と給料が必ずしも比例するともかぎりません。

やりがいはあるけど、給料が低いといった悩みを抱えている人も大勢います。

せっかく自分の好きな仕事に就いて、やりがいがあったとしても、常にお金の悩みが付きまとうというのも辛いものです。

給料を重視すると我慢することも増える

では先ほどとは逆に、仕事にやりがいはないが、給料はかなりいいという人は悩みがないのでしょうか。

「給料がよくて、良い暮らしができるなら悩みなんてないだろう」、と思うかもしれませんが、そうともかぎりません。

そういう人は一日の大半を仕事に費やさなければいけなかったり、休みがほぼなくて、プライベートが充実していないといった悩みを抱えている人も大勢います。

まとめ

仕事の決め手というのは、結局は自分が何を求めているかによって変わってきます。

やりがいを重視するのか、給料を重視するのか、どちらにも一長一短があります。

どちらを選んだとしても正解不正解なんてありません。

やりがいがないと感じていたとしても、ちょっとしたことで褒められたり、感謝されて仕事にやる気が出たり、

給料がずっと低かったが、今までの仕事に対する評価が上がり、給料にも反映されたりする可能性だってあるかもしれません。

ですから、どんな理由であれ一度仕事を決めたなら、常に前向きな姿勢で仕事に取り組んでいきましょう。

-転職成功術

© 2021 Happy My Life